読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気軽WLWクラブ

流れに身を任せ、迷い込んだのは御伽の国でした。

当ブログで使用されているゲーム画像・動画の著作権は以下に帰属します。
(c) SEGA 公式: http://wonder.sega.jp/

温羅よりシャリスだよ

ついに出てしまった人外キャスト(ドルミールは…)温羅。かなり異色のキャストですが猛威をふるっているかと言うと、シャリスの方が活き活きしてる感じありますね。
まだ練習中の方も多いから、というのもあるかもしれませんが。

今日一度だけ対面しましたが、感想含めつつ温羅を紐解いていきたいと思います。なおまだ解禁してないのでエアプです!お察し下さい。

◼︎特徴
・ドローはスカーレットと同じく、自身直進型
・ストレートは短射程、高回転
・硬質化が可能、硬質化するとスーパーアーマー状態(のけぞり、ダウンしない)に
・回避後の隙が少なくて優秀、他のキャラに比べて回避後の隙にストレートを刺すのは難しい
・やられ判定が唯一大きい(ドルミも大きく見えるけど他キャストと同じ。女の子だからね!)
・起き上がりモーションが長く、実質起き上がり無敵時間が短い(起き攻めがかわし辛い)

◼︎基本戦術
射程が短いので、優秀な回避を活かしつつ近づいたり兵士処理したり。
レベル2:憤怒で硬質化チャンス。兵士キル数ではなく、攻撃ヒット数25で硬質化。
レベル3:金棒(短くて発生早い鬼断ち)でまとまったダメージが取れる
レベル4:憤怒からの大喰ライで高速硬質化チャンス。
WS:硬質化とスピード防御アップ

硬質化したらゴリ押しで相手キャストをマウントしてねじ伏せる。
というわけで硬質化してアドバンテージ取っていくスタイル。

◼︎対策
見てないやってないのでわからないけど、とりあえずツクヨミの人は諦めた方がいいんですかね。めちゃ相性悪そう。
まず、硬質化の実現性に乏しい序盤に有利を取りたいわけですが、硬質化しても体力少ないと相手も踏み込めないわけで、雑なステップドローとかにはなるべく高いお仕置きしていきたいところ。発生が早く刺しやすい攻撃手段の威力をあげるのも手だと思います。とりあえず今自分のリンはストレート盛りをやってみてます。

すげー長くなってしまったのでとりあえずここまで。また更新します。