読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気軽WLWクラブ

流れに身を任せ、迷い込んだのは御伽の国でした。

当ブログで使用されているゲーム画像・動画の著作権は以下に帰属します。
(c) SEGA 公式: http://wonder.sega.jp/

エアプ スカーレット対策

1.02Bになってからまだプレイしてませんが、動画見る限りスカーレットはかなりわからん殺しされそうですね。プレイできるのは明日になりそうですが、意識付けというか対策は考えておきたいと思います。


スカーレットの特徴としては、他キャラとドローの仕様が違う、ストレートが短い、兵士を掃除できるスキルがないなど、総じてレーン戦が苦手、というかやる気がないキャラになっています。
ドローは自身が移動して相手に攻撃というものみたいです。ライン上に攻撃というより着地点のみに攻撃判定が出るのでしょうか?また、壁に向かってドローするとすり抜けられるとか?
 
レーン戦ができないなら相手キャストを狙うしかなく、そのためのスキルは将来性も含めて魅力あるものが揃ってるようです。
レベル3から使えるシザースは射程が長く、こちらの硬直を刺す形で兵士を飛び越えて攻撃できます。攻撃後は自分が元いた場所に戻りますが、元々よりは少し前に着地してるぽいです。また、攻撃を外すと戻らずその場に留まります。
突進中は無敵はありませんが、防御は上がってるみたいです。
これは意識してないと刺され放題になるので、自軍兵士のすぐ後ろで大技を振るのは控えた方がいいですね。一応歩いて回避できるらしいですが、何しろエアプなので試してないです。
たぶんスカーレットはこれをどれだけ当てるかどうかが勝負なのでこちらも警戒したいです。
 
ステルスはまあ文字通り消えますがステルス迷彩といった感じで完全に透明にはなっていないようです。画面外から来るとわかりませんが、目の前で消える分には目で追えるかも?
時間経過か、攻撃をするか喰らうと解除みたいです。あと、ステルススカーレットは兵士にはスルーされます。
 
ウルフは攻撃と回避距離強化です。スカーレットの長所を伸ばすスキルで厄介。
 
デッドリーギフトは範囲狭いミクサのインパクトで、最寄りの敵一体にほぼ即死級ダメを与えます。ただ、MP的にステルスからデッドリーは難しいらしくスカーレット側も使い辛いようですね。MP系アシスト満載の相手やWS中は特に警戒が必要です。具体的にどう警戒するのかはまだわかりませんが…。。
 
WSサイレントシャドウはMP回復速度、攻撃力、回避距離強化です。回復速度に回避距離も上がってるので、デッドリーを狙ってくることが想定されます。
 
 
やってないのでどうしようもないんですが、とりあえず対峙したらドローの距離に入らず、シザース警戒ですかね。ドローではなく、スカーレット方面に連打せずにストレート多めに撒いたりするのがいいんじゃないかと思ってます。