読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気軽WLWクラブ

流れに身を任せ、迷い込んだのは御伽の国でした。

当ブログで使用されているゲーム画像・動画の著作権は以下に帰属します。
(c) SEGA 公式: http://wonder.sega.jp/

動画てすてす[5/20 追記]

動画投稿してみました。

なんでもそうですが自分のプレイを振り返って観るのはかなり効果的だと思います。セルフレビューですね。

 

www.nicovideo.jp

 

とりあえず投稿まで。

今日は眠いので動画へのコメントについては明日また追記します。

 

5/20 追記

ファイター1 アタッカー3などの場合、なるべく2人レーンに行きたいと思う人間ですが、この時は珍しく右の1人レーンでした。

Ver1.00の時はミクサのフレイムショットがレーン戦で非常に強く、アタッカー同士のレーン戦は結構精神的余裕があったんですがアップデートにより大きく変わりましたね。

とりあえずあの火を噴く穴みたいなやつは、人の命を欲しがるクレイジーボーイに成り果てました。やはりアタッカーたるもの相手キャストを倒さずして勝利はないということです。

 

今回は同キャラということで、とにかく兵士を相手より処理することを心がけました。兵士より前に出るとフレイムショットで致命傷のリスクが高いですし、ミクサには相手兵士を飛び越えての奇襲(発生の早い)攻撃はありません。インパルスは普通にやってればお互い間合いに入ることはないと思います。

あるとすれば動画内であるようなWS発動でのカウンターですかね。意気揚々とインパルス撃ってますがそんなおいしい話はやはりありませんでした。kill圏内なのに近すぎる時は用心が必要ですね。

 

さて序盤のレーン戦で兵士処理をどうするか、ですが非常に難しいです。

体力リードをとれると相手が積極的に出れなくなるのでさらに兵士処理でアドバンテージが取りやすいのですが、じゃあ結局キャスト狙えってことじゃん!てことになりなんか堂々巡りですね。

結論は出ませんが、次の機会があったら出会い頭の最初のドロー合戦を意識してみます。

ドロー喰らってもダメージは低いですが、ダウンタイムを考えると兵士処理合戦の観点では中盤の戦局を左右する可能性もあるため、序盤のドローの引き方を仕事中に考えつつ、試行錯誤したいと思います。

 

あとWSはどうしたらいいかわからない。

ラインを一気にあげられるので、相手キャストを倒した時とかに使ってるけどイマイチフル活用できてない感。良い使い方を是非教えてください。